HOME-FOR-ALL IN oya, kesenuma
気仙沼大谷のみんなの家

Design:  Yang Zhao, Kazuyo Sejima (Adviser), Masanori Watase (Local architect)  
Structural Design:  Hideaki Hamada
Construction Company:  Tekken Corporation, Takahashi Kogyo

Home-for-All in oya, kesenuma

This HOME-FOR-ALL project in Oya was built as a place to host activities in the fishing communities badly affected by the 2011 tsunami. The site was carefully chosen and sits at the centre of the community and the region in the fishing port of Oya, the previous centre of local activities. At the local residents' request, the building provides a comfortable space for fishermen on their breaks, for wives waiting for their husbands or as a market place for local produce. 

The majority of this structure is semi-outdoors with much of the space open to the elements. There is also an opening in the centre of the roof so that residents can look up to the sky. The three rooms and the bench are all facing the centre of the building to allow residents different views from each of the entrances. Each of the three room has its own interesting feature; when the weather is nice, the kitchen can be opened up and connected to the outside, the room closest to the water can also be a veranda, and the toilet with a skylight to allow lots of natural light. 

The geometric elements of the roof create a dome-like space, warmly wrapping the cypress-finished hinoki plywood. This warmth and friendly atmosphere is reinforced by the transparency of the structure.

By day the business and vibrancy of the community makes this a very light space; and towards the evening the roof glows warmly, waiting to welcome back the fishermen from the sea. 

 

気仙沼大谷のみんなの家

気仙沼大谷のみんなの家は、2011年の津波によって被災した漁業の活動の拠点としてつくられました。敷地は地域の漁業活動やコミュニティの中心だった大谷漁港にあります。漁師が休憩したり、妻が夫の帰りを待ったり、時には市場としても使えるような場所を住民のみなさんと計画しました。

ロレックスのメントープロジェクトのサポートによって、大谷海岸に地域の漁業活動やコミュニティの中心となるみんなの家を漁師のみなさんと計画しました。 このみんなの家の大部分は外に向かって開いた半屋外となっていて、屋根は3つの部屋によって支えられています。その屋根の中心には空を見上げることができるように開口を設けました。3つの部屋とベンチは中央を向いていて、それらの3つの入り口を通してそれぞれ別の風景を眺めることができます。キッチンのある部屋は、天気のよい日には建具を開けて外と連続してつながり、開放的に使えるようにしました。水辺に一番近い部屋は、縁側として楽しむことができる空間にしました。そして、トイレのある部屋は空と部屋の中心に向かってトップライトをつくり、外の気配や光を感じることができるようにしました。また、建物の周りの地面の高さはフォークリフトで中に入れるように内部と同じ高さにしています。

屋根の幾何学的な要素によってドーム状の空間が作られていて、天井仕上げのヒノキ合板が暖かく包み込みます。また、構造の透明性によって開放的で親しみやすい空間です。

昼は漁師の活気とまぶしい光に照らされて、夜になると灯台のように屋根の中から暖かく光を放ち、海から漁師が戻ってくるのを待っています。

チャオ・ヤン/建築家

 

BASIC INFORMATION

Address: 240-2 Motoyoshicho, Oya Kesennuma-shi, Miyagi-ken
Administrator: Oyamotoyoshi branch / Miyagi-ken Fisheries Cooperative
Contact: info@home-for-all.org
Open: 10:00-18:00
Usually this place is for the local community use. Please contact to HOME-FOR-ALL in advance, if you are going to visit this house.

所在地: 宮城県気仙沼市本吉町大谷240-2
運営: 宮城県漁業協同組合/大谷本吉支所 役員 髙橋和志
問合せ先: info@home-for-all.org
公開: 見学には予約が必要です。事前にHOME-FOR-ALLまでメールにてご相談ください。

BUILING INFORMATION

Principal Use: Resting place, workspace
Area of Building: 93.45m2
Total Floor Area: 93.45m2
Main Structure/Number of Stories: Reinforced concrete, partly steel / 1 story
Completion: October 2013
Construction Period: July, 2013 -> October, 2013
Client: Rolex
Design: Yang Zhao, Kazuyo Sejima (Adviser), Masanori Watase (Local architect)
Structure Design: Hideaki Hamada
Constructor: Tekken Corporation, Takahashi Kogyo

用途: 休憩所および作業所
建築面積: 93.45m2
延床面積: 93.45m2
構造 / 規模: 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
完成: 2013年10月
工期: 2013年 07月 18日 -> 2013年 10月 27日
建主: ロレックス
設計: Yang Zhao, 妹島和世(アドバイザー), 渡瀬正記(ローカルアーキテクト)
構造: 浜田英明
施工: 鉄建建設, 高橋工業

CONTRIBUTER

- Funding partner-
THE ROLEX INSTITUTE, Geneve - Switzerland

- Construction contributor -
Tekken Corporation Tohoku branch offices

- Matetial contributor -
LIXIL

- 資金 -
ロレックス・インスティチュート(ジュネーブ,スイス)

- 施工協力 -
鉄建建設 東北支店

- 材料提供 -
LIXIL