HOME-FOR-ALL for children IN SOMA
相馬 こどものみんなの家

Design: Klein Dytham architecture in collaboration with Toyo Ito & Architects, Associates. 
Structural Design: Arup Japan
Construction Company: Shelter

After an earthquake and tsunami back in 2011, Soma city was facing not only the loss and damage of many homes but also the concern about high background radiation levels.

Soma Children’s House is one of Home-for-All buildings which is located closest to the damaged power plant, where the environment at the time became unsafe for children to play outdoors.

The project was brought to life in collaboration with T-point Japan and their generous donations through the T-Point card system. Wooden structure in which long slabs of 20x120 mm larch wood are stacked in 9 layers at an angle of 60 degrees is forming a woven ceiling. The space under this ‘straw hat’ held aloft by 3 tree shaped pillars, with motifs of birds and squirrels, became a park within a park - a safe indoor playground with circular plan where kids can run freely and play with friends.

Lively red and white facade is made to create an excitement and bring joy. It is like a circus traveling through the town setting up its stripy patterned tent in the middle of the park.

「相馬 こどものみんなの家」は、子どもたちを安心して遊ばせる場所がほしいという福島件相馬市の願いから、Tポイント・ジャパンの呼びかけにより実現しました。子どもたちが自由に走りまわれる円形のプランにふわりと舞い降りた「麦わら帽子」のような屋根は、20x120mmのカラマツ材をつないだ長尺材を60度の角度をつけながら9レイヤ重ね合わせた構造となっています。

屋根を支える3本の柱は、鳥やリスなどのモチーフと一体になった樹の形で、外の空間のイメージを内部へとつなげる。外壁はテントが公園にやってきたような、一目で元気が湧くデザインとしました。 

 

BASIC INFORMATION

Address: 1-15-1 Kitaiibuchi, Soma-shi, Fukushima-ken
Administrator: Department of Health and Welfare in Soma
Contact: info@home-for-all.org
Open: 9:00-16:00
Closed: Mondays, the next day after a national holidays, and New Year holiday season.
Please contact to HOME-FOR-ALL in advance, if you are planning to visit this house.

所在地: 福島県相馬市北飯渕1丁目15-1
運営: 相馬市保健福祉部
問合せ先: NPO法人ふれあいサポート館アトリエ  0244-35-4700
公開: 9:00-16:00
定休日:月曜日・祝日の翌日・年末年始      
来訪される際は、事前にHOME-FOR-ALLまでご連絡ください。

BUILING INFORMATION

Principal: Use Rest house
Area of Building: 176.63m2
Total Floor Area: 152.87m2
Main Structure / Number of Stories:  Wood / 1 story
Completion: February 2015
Construction Period: March, 2014 -> February, 2015
Client and main sponsor: T-Point Japan
Design: Toyo Ito & Associates, Architects / Klein Dytham architecture
Structure: Design Arup Japan
Facility Design: Arup Japan
Contractor:  Shelter

用途: 休憩所
建築面積: 176.63m2
延床面積: 152.87m2
構造 / 規模: 木造 / 地上1階
完成: 2015年2月
工期: 2014年 03月 01日 -> 2015年 02月 14日
建主: Tポイント・ジャパン
設計: 伊東豊雄建築設計事務所 / クライン ダイサム アーキテクツ
構造: アラップジャパン
設備: アラップジャパン
施工: 株式会社シェルター

CONTRIBUTER

- 資金 -
Tポイント・ジャパン

- 協賛 -
アキレス株式会社
黒川 洋介
株式会社カクダイ
宮坂 亜矢
株式会社シーケー
谷 雅弘
株式会社スクリムテックジャパン
河野 泰之
スリーエム ジャパン株式会社
平井 詩乃
セメダイン株式会社
斉藤ゆうすけ
ダイキン工業株式会社
山縣 正二朗
山本 幸一
旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社旭
藤崎 幸夫
マグ・イゾベール株式会社
佐々木 康之
兼松日産農林株式会社
神子島 由郎
株式会社川島織物セルコン
雑候 充士
大光電気株式会社
津下 庄一
桜田 栄
田島ルーフィング株式会社
松 栄裕
綿引 友彦
日立アプライアンス株式会社
大久保 孝雄
株式会社 望造
江野 将征
北三株式会社
剱持 佳明
平 凌
坪井 聖美
山崎 努
万協株式会社
馬場 太郎
株式会社FDS
後藤 徹
早川 奈々
LynnBELYS illumination
梶田 幸
藤井 野春
NIP corporation
綾目 泰一
菅原 千秋
OSMO&EDEL
熊澤 清美
大黒 義之
TOTO株式会社
今川 明弘
片山 久美
下田 有史
橋田 光明
TOSO株式会社
植野 武
株式会社UNION
深田 泰平
YKK AP株式会社
清水 宏則
三浦 貴大

- 施工 -
株式会社シェルター 
木村 一義 
安達 広幸 
荒井 恵美 
木村 仁大 
佐藤 和洋 
塩見 庸 
鈴木 謙介 
設楽 浩次 
眞木 徹 
後藤 重泰 
管 聡 
管 秀雄 
兼子 久一 
佐々木 直樹 
佐藤 正桂 
黒坂 敏郎 
森 達也 
森 浩二 
大風 芳美 
横尾 光 
石垣 勝考 
草野 清貴 
佐藤 雄二 
阿部 利雄
石垣 大補
小野 菊幸
阿久津 裕司
大場 康彦