HOME-FOR-ALL IN Higashimatsushima
東松島こどものみんなの家

Home-for-All in SOMA CITY

Small architecture for children in the temporary housing complex that about 600 families live.

This Home-for-All for children is a small building in the temporary housing complex that about 600 households live. Be engraved as heart to warm memory of children living in temporary housing, cozy fun, it was designed with great feeling that I want to become a place like home.

Design summer 2012, Toyo Ito-san? In addition, starting from the place to visit you and local officials, went decided the final form by overlaying the discussion many times under the cooperation of local residents .

Complete everyone’s house who has can gather distinctive three house. All of gather around the big dig your stand “table of the house.” Doma a wood-burning stove in the “warm house”. Attached wheels, can be moved to various locations “talk and theater of the house.” Each house, natural slate and wood plate, and have a distinctive roof with natural materials such as aluminum, has a distinctive appearance, such as children will want nicknamed. By house each other are connected in a different edge width, narrow places and broad location, such as a bright place and dark place, I think you’re born like a variety of places such as small town.

From the field is beginning, temporary housing and borrowed the room, I was allowed to supervision the site is in Tomarikon about two months. Eyes was greeting if someone, was stand talking, drinking a drink from time to time together, you can ask to participate in the event, children and can come to play on the scene, the rise of new construction in the daily life I was able to get together to experience the moment to go. Kudasari us accept willingly, and I would like sincerely to thank everyone of residents who have both watched the scene. Also, I would like to thank the warm feelings of many people working with us to help for this architecture. After completion, here run around that you have touched on children smile, was a great pleasure for us. Is not limited to children in the future, everyone stop by to feel free, we are both sincerely hope to be a place where you can talk about the future.

Maki Onishi / Architect

東松島こどものみんなの家

こどものみんなの家は、約600世帯が住まう仮設住宅団地の中の小さな建築です。仮設住宅で暮らす子どもたちの心にあたたかい記憶として刻まれる、居心地がよく楽しい、家のような場所になってほしいという思いをこめて設計しました。

設計は2012年夏、設計者と関係者のみなさんが現地を訪ねるところからスタートし、住民の方々と何度も話し合いを重ねることによって最終的なかたちが決まっていきました。

完成したみんなの家は特徴的な3つの家が集まってできています。大きな掘りごたつの周りに皆の集まる「テーブルの家」。土間に薪ストーブのある「あたたかい家」。車輪が付き、さまざまな場所に移動できる「お話と演劇の家」。それぞれの家は、天然スレートや木板、アルミといった自然素材による特徴的な屋根を持っていて、子どもたちがニックネームを付けたくなるような個性ある姿をしています。家同士が幅の異なる縁側で繋がれていることで、狭い場所や広い場所、明るい場所や暗い場所といった、まるで小さな街のような多様な場所が生まれているのではないでしょうか。

現場が始まってからは、設計者が仮設住宅に部屋をお借りし、2ヶ月程泊まり込んで現場を監理させてもらいました。目が合えば挨拶をし、立ち話をし、時々一緒にお酒を飲んだり、行事に参加させてもらったり、子どもたちが現場に遊びにきたりと、日々の暮らしの中に新しい建築が立ち上がっていく瞬間を共に体験させてもらうことができました。今後は子どもたちに限らず、誰もが気軽に立ち寄り、共に未来について語り合うことのできる場所になることを心から願っています。

 

BASIC INFORMATION

Address: Temporary housing complex Green Town Yamoto, Midorigaoka 4-4-4, Oshio, Higashimatsushima-shi, Miyagi-ken
Administrator: Himawari-shukaijyo, Ogaru-stars Association
Contact: info@home-for-all.org
Open: 10:00-17:00
Website: http://himawarishukaijo.jimdo.com
Facebook: http://tinyurl.com/facebook-himawari
Twitter: @himawarishukaij
Twitter URL: https://twitter.com/himawarishukaij
Online Shop: http://himawarikobo.com/product

所在地: 宮城県東松島市大塩字緑ヶ丘4-4-4 グリーンタウンやもと応急仮設住宅内ひまわり集会所隣

運営: グリーンタウンやもと応急仮設住宅ひまわり集会所 自治会、一般社団法人おがるスターズ
問合せ先: info@home-for-all.org
公開: 10:00-17:00
ウェブサイト: http://himawarishukaijo.jimdo.com
Facebook: http://tinyurl.com/facebook-himawari
Twitter: @himawarishukaij
Twitte: URL https://twitter.com/himawarishukaij
オンラインショップ: http://himawarikobo.com/product

BUILING INFORMATION

Principal Use: Community space (Temporary building)
Area of Building: 31.04m2
Total Floor Area: 31.04m2
Main Structure/Number of Stories: Wood, partly aluminium / 1 story
Completion: January 2013
Construction Period: November, 2012 -> January, 2013
Client: Tpoint Japan
Design: Toyo Ito & Associates, Architects, Maki Onishi / o+h
Structure Design: Oak Structural Design Office
Constructor: Shelter

用途: 集会所(応急仮設建築物)
建築面積: 31.04m2
延床面積: 31.04m2
構造 / 規模: 木造一部アルミ造 / 地上1階
完成: 2013年1月
工期: 2012年 11月 01日 -> 2013年 01月 01日
建主: Tポイント・ジャパン
設計: 伊東豊雄建築設計事務所, 大西麻貴/o+h
構造: オーク構造設計
施工: シェルター

CONTRIBUTER

- 資金 -
株式会社Tポイント・ジャパンのTポイントを通じてご寄附いただいた方々

- 協力 -
グリーンタウンやもと応急仮設住宅ひまわり集会所自治会
一般社団法人おがるスターズ
東松島市
東松島市復興協議会
矢本西サポートセンター

- 施工 -
株式会社シェルター
- 協賛 -
YKK AP株式会社
チャネルオリジナル株式会社
TOTO株式会社
田島ルーフィング株式会社
田島応用化工株式会社
朝日ウッドテック株式会社
株式会社日進産業
株式会社イケダコーポレーション
マグ・イゾベール株式会社
株式会社ウエスト
日本暖炉薪ストーブマイスターグループ
株式会社オーシカ 仙台営業所
株式会社グリーンハウザー大平営業所
相原木材株式会社
株式会社須藤製作所
コイズミ照明株式会社
株式会社シェルター
浦霞醸造元株式会社佐浦