熊本支援のお願い

平成28年熊本地震により多くの家屋が倒壊してしまいました。
現在、被災された方々のために、仮設住宅の設置が進められています。

熊本県では、これまで「くまもとアートポリス」のプロジェクトとして、東北で最初に建てられた仙台市宮城野区の「みんなの家」の支援や2012年の熊本県阿蘇地域での土砂災害における2軒の「みんなの家」建設など「みんなの家」に深い理解を示してきました。今回の震災に関しても蒲島知事の主導により、当面約1800戸の仮設住宅建設に対応して、80戸以上の「みんなの家」(集会室、または談話室)を県の予算で設置することになりました。しかしながら、限られた予算のため、小規模な仮設住宅地内における「みんなの家」の建設、仮設住宅周りの環境整備や家具の整備などには手が回らない状況です。

NPO法人HOME-FOR-ALLでは、厳しい環境の仮設住宅で生活する被災者の方々が、少しでも快適に過ごせるよう、生活環境改善のサポートを行ってまいります。今後とも一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

KUMAMOTO JAPAN EARTHQUAKE - Action & Appeal

After an earthquake measuring intensity 7 hit Kumamoto and Oita on April 14th 2016, many buildings and houses collapsed. Currently, temporary houses are rapidly being built for who lost their homes.  

Kumamoto Artpolis quickly stepped up and supported the first “Home-for-All” project in Tohoku area devastated by the earthquake and tsunami of 3/11/2011.

Based on the successful model for Tohoku, Kumamoto prefecture is building 40 “Home-for-All” centres in temporary housing areas.  However, with a very limited budget it is difficult to spend money on anything beyond the very basic prefabricated housing. This time "Home-for-all" is working immediately with the local authority advising on the planning of the buildings. The NPO is also raising funds to help make the environment at the temporary housing more comfortable since people will be spending several years here while their homes are rebuilt.

We are in desperate need of furniture for all the homes. If you think you can help please 'learn more'

 
Donate